本文へスキップ

千葉県我孫子市で67年 木綿ワタでふとんを作っています。

〒270-1152千葉県我孫子市寿2-2-14     TEL.04-7182-0810
メール wata.huton@gmail.com 
メールには必ず返信しています。一日過ぎても返信が無い場合はお電話下さい。

渡辺寝具にご来店ありがとうございます。

4枚組のふとん
素材の良さ、魅力に時代遅れはありません。
天然繊維の木綿ワタは何百年も日本人に愛されてきました。
抜群の吸湿性・保温力・弾力性・やわらかい風合い。
手に取ればいつまでも触っていたい、
ホッとするやさしさがあります。
そんな素材の良さをたっぷり入れて、ふとんを作っています。
綿ワタという素材の持つ素晴らしさをぜひお試しください。

例えば羽毛布団を使い始めたら、咳や鼻水が止まらない。
化学繊維やウレタンなどの化学製品に寝ていて蒸れ感を感じる。
赤ちゃんがむづかり良く寝ない。
ベッドを使っていると腰が痛い。
フローリングに汗じみができる、など
今お使いのふとんに迷いや『どうも?』と思われたなら、
綿ワタの利用を考えてみてください。
お役に立てることがあります。
以下の写真は最近の仕事です。
ベビーふとん ベッド用に薄く作ったふとん  
ベビーふとんの柄 左が ベッド用
薄い敷きふとん
若い方向きの柄もあります
 お昼寝ふとん  欧風のデザイン  おすすめの肌掛けふとん
 お昼寝・長座布団 欧風の柄  肌掛けふとん
綿ワタのふとんには何十万もするようなものはありません。
敷きふとんでおよそ2万円程です。
植物繊維のワタは価格の面で優等生、ふとんに適したインド産の物は
何十年も値段がほとんど変わっていません。
現在の日本で手に入る最高のワタで作っています。

さらに綿ワタのふとんなら10年〜20年と使えます。
打ち直しの技術で新しいワタを足しながら、
使い続けることができます。使い捨てではありません。

お客様持ち込みの生地で作った、ベビーふとんです。

お孫さんのためにウールの着物でベビーふとんを縫った側に新しいワタを入れました。
ウールの生地のふとんは暖かいそうで、年配の方が良く話題にしていました。

自分の思い出も大切に、作ってみてはいかがでしょうか

少し残念な思い違い。『打ち直し』を正確にご理解ください。

  立てつづけに二人のお客様より以下のようなご依頼を受けました。
「家にある使っていないふとんを、もったいないので、差し上げる。無料で良い ので使ってほしい。」
1. 『もったいない』のお気持ちは痛いほどわかるのですが、
  ふとん屋としては 使うことができません。
  当店のおふとんはすべて新しい材料、原綿から作っています。

2. 打ち直しの言葉を『ふとんをリサイクルして(打ち直して)、
 他のお客様に売る事が出来る』と思われたようです。
 打ち直しをして他のお客様にお売りすることは決してできません。
 ふとん屋が使う『打ち直し』は
 お客様がふとんを使い続けようと思われれば仕立て直せる。という意味
 一般的に使われる『リサイクル』とは少し意味が異なります。

3. 中身が見えないふとんだからこそ、そこが曖昧であってはいけない。
 と考えています。

4. 打ち直しのページでも紹介しましたが、色々な種類のふとんに直す事ができ ます。もったいないとお考えでしたら、ご利用できるものに作り直される事を お勧めします。。
  その際 利用できるワタか、寿命がきたワタかの判断をいたします。場合によ っては処分する事をお勧めします。
 その判断のお手伝いは喜んで、いたしますのでお申し付けください。
 判断の基準はその場でご説明いたします、思い残すことなく処分できると思い ます。



目から鱗の話。席の漢字が敷物・ふとんを意味していた。

「男女七歳にして席を同じうせず」
を誤解していた。
席がふとんの意味だったと 初めて知った。
男の子と女の子は7歳になったら同じふとんに寝かせてはいけない。という意味だったとは。
子育てへのアドバイス。ふとんの使い方のことだった。
 しかし、なぜこの誤りは訂正されずに今日まで伝わってきたのだろう・・・。
戦前は誤解されていた方が都合が良かった
現代なら子育ての知恵として利用できる。

日本経済新聞6月25日朝刊
 


    チャレンジください
浮世絵(鈴木晴信・ワタ繰り)僧正遍照の和歌の謎

浮世絵 ワタ繰り
大きな画像で見ていただけるようにリンクを付けました。
 所蔵しているアメリカの博物館の英文の謎解きものっています。
ちょっと的が外れているのが御愛嬌です。
 この浮世絵は収穫したワタから種を取り除く作業の様子です。座っている女性の左にワタの繊維が見えます。また足の近くには取り除かれた種が転がっています。いわゆるワタ繰りの作業です。
ただ上部に書いてある文字情報が良く解りません。
しばらくして
これは僧正遍照が出家する時に詠んだ和歌とわかりました。
    
たらちねは かかれとしても むばたまの
         我が黒髪を なでずやありけむ

    母は、まさかこのような事になると思って、
        幼い私の黒髪を撫でたのではなかっただろう。
もう少し意訳すれば
    まさかこんなことになると思って、
        可愛がって育てたわけでないのに
和歌の内容はわかりました。でも絵との関係がわかりません。
さらにしばらくして
近くの古道具屋さんに頼んでおいたこの道具を手に入れることができました。さっそく同様の作業をしたところ、この謎が鮮やかに解けました。この道具(ワタ繰り器)を使った人にはわかり。使ったことのない人にはわからない。
 勿論現代人でもやって見れば、『クスリ』と笑いたくなります。
江戸時代の人々のユーモアを実感することができます。
ぜひ店頭にお越しください。『なるほどね』となります。
遠方の方にはメールでヒントの写真をお送りいたします。

散歩の途中やお買い物のついでにお立ち寄りください





ワタの種類いろいろ
中ワタの説明用に写真を撮ったのですが、
誠に 残念ながらすべてが白にしか写りません。この感触だけはどうしても、どうしても触っていただくしか伝えようがありません。
色々なワタの見本を準備しましたので
ぜひ店頭で木綿ワタに触って体験下さい。その独特の感触に思わず声が上がります。

木綿ワタのふとんのお手入れのすすめ




古いふとん
ふとんの打ち直し
 毎日お使いのおふとんに、汚れが目立っていませんか。打ち直しをすると、さっぱりしたふとんになります。
 また側(生地)が汚れていても、綿はまだ使えることがあります。
特に婚礼で持ってきたお客様ふとんはワタが痛んでいないので、直して使えます。
もし処分をお考えの場合、一度ご相談下さい。使える・使えないの判断は無料でいたします。
詳しくは打ち直しのページにどうぞ


羽毛布団のお手入れのすすめ

偏りのみられる羽毛ふとん 羽毛ふとんも直せます。
何十年も使うと生地が汚れたり、羽毛の偏り、吹き出しが見られるようになります。その場合生地を交換することをお勧めします。
中の羽毛をとりだし洗浄してゴミを取り除き、新しい生地に入れ直します。
新品同様になりますので、処分を考える前にぜひお問い合わせください。

左の写真はキルトの中の羽毛が偏ってしまった状態、静かに広げてみると偏りがあるとすぐに解ります。
詳しくはこちらのページにどうぞ



 2001年4月23日にUPしています。