本文へスキップ

綿ふとんを作り、打ち直しを専門に、我孫子市で71年。

〒270-1152千葉県我孫子市寿2-2-14     TEL.04-7182-0810
メール wata.huton@gmail.com 
メールには必ず返信しています。一日過ぎても返信が無い場合はお電話下さい。

渡辺寝具にご来店ありがとうございます。

4枚組のふとん

   木綿ワタをお勧めするわけ

 素材の良さ、魅力に時代遅れはありません。
天然繊維の木綿ワタは何百年も日本人に愛されてきました。
抜群の吸湿性・保温力・断熱性・弾力性・やわらかい風合い。
手に取ればいつまでも触っていたい、ホットするやさしさがあります。
そんな素材の良さをたっぷり入れて、ふとんを作っています。
綿ワタという素材の持つ素晴らしさをぜひお試しください。

   秋。本格的なおふとんの季節になりました。

 ふとんは管理が必要です。日本は湿度が高いのでどうしても手を抜くことができません。と言っても次の二点です。
 一つは天気が良ければ『ふとんは日に干す』。時間は短くてもかまいません。日に干すとオマケが付いてきます。『気持ち良い寝心地』。
そしてこのオマケ、綿ワタのふとんならではのものです。
体験した事がない方はぜひお試しください。気持ち良いです。
 また干すことで引きっぱなしを避けることもあります。
『万年床』の言葉があるように昔から嫌われてきました。
住宅環境が良くなった分、冬でも布団がカビることがあります。
できるだけお日様にふとんをさらせば、紫外線による殺菌効果も期待できます。
二つめは適当な時期に『新しいワタを加えながら打直しをする』。
どんなものでも傷みはおこります。使えるからと使い続けがちですが、
おふとんも時期が来たら直しましょう。
さっぱりしたおふとんになります。


写真は最近の仕事


ベビーふとん ベッド用に薄く作ったふとん  
ベビーふとん 左が ベッド用
薄い敷きふとん
色々な柄があります
 お昼寝ふとん    おすすめの肌掛けふとん
 お昼寝・長座布団 和風のがら  肌掛けふとん

   流行りのマットレスにする前にチョット一言

 木綿ワタのふとんはおよそ400年程の歴史があります。
ふとんの材料として最も適した物として使われてきました。
特別に使うのをやめなければならない欠点などありません。
現在のふとんの素材としては最高のものと言えます。
欠点として言われる『重い』は入れる量を減らして軽くできます。
 多くのお客様から、木綿ワタのふとんを使ったら、
「良く眠れるようになった」「熟睡できた」「夜起きなくなった」「暖かく良く眠れる」「干した布団は最高だね」といったおほめの言葉をいただいています。

   木綿ふとんの優等生ぶり

 木綿ワタは価格の面でも優等生です。ふとんに適したインド産の物は
何十年も値段がほとんど変わっていません。
現在の日本で手に入る最高の原料ワタでふとんを作っています。
 さらに木綿ワタのふとんなら10年〜20年と使えます。
打ち直しの技術で新しいワタを足しながら、長く使い続けることができます。
使い捨てではありません。

   都会のふとん屋さんが激減して教えてくれた事

 大都市では不名誉ながら、粗大ゴミナンバー1にふとんがあげられています。
都心部にふとん屋さんが居なくなった事が原因で、さらにふとん屋自身が『打ち直しを時代遅れ』と切り捨てた事があげられます。この判断は誤りでした。
 簡単に言えば木綿ワタのふとんは新しく作れば長持ちします。
素材の木綿ワタが長持ちするからです。10年〜20年ではそれほど傷みません。
しかし、毎日使うものですから、ふとん側は切れたり、汚れたリはします。
そこで、新しいワタを加えながら『打ち直し』をして作り直してきました。
 木綿ワタふとんとふとん屋は切ても切れない関係にあります。
そのサイクルを自ら立ち切ったのが都市部のふとん屋さんでした。
これは残念な事です。木綿ワタに決定的な欠点があったのであれば仕方がなかったのですが、そんな事はありません。
木綿ワタのふとんなら数年でゴミになる事はありません。

  量販店・通販で売られるふとん VS ふとん屋のふとん

 時々「打ち直しをするより、新しいふとんを買った方が安いよね」
と言われることがあります。
打ち直しできるふとんと、量販店で買える布団は全くの別物です。比較することはできません。寝心地も全く異なります。ふとんは価格だけで比較されるのは残念なことで、寝心地で比べていただきたいと思っています。高価であれば寝心地も良いかと言えばそんな事もありません。





  日本永代蔵  井原西鶴 現代語訳 角川学術文庫










p315 大豆一粒から出世して光を放ったお堂の話
この九助は…その後、女の綿仕事はまだるっこく、特に弓で綿を打つ作業は、一日仕事をしてもようやく3s程度しか出来上がらない。ここに工夫はできないものかかと、中国人のやり方を尋ねて、唐弓という道具を日本で初めて作りだした。そして世間には内緒にして、横槌で打ったところ、一日にして焼く11sずつ綿が取れたので、雪山のように繰り綿を買い込んで、多くの人を雇い、打ち綿をし、幾丸も江戸に出荷したところ、4〜5年のうちに大分限となり、大和に知らぬ人のない綿商人となった。そして綿問屋が多く集まる平野郷や、大坂の京橋にある、富田屋・銭屋・天王寺屋といったゆうすうの綿問屋などに、毎日何百貫目という限りない量の綿を卸し摂津・河内両国の木綿を買い取って、秋冬のわずかの間に毎年利を得ると、30年余りにして13億円の身代となった。




国立国会図書館デジタルコレクション
 図の左上が綿繰の様子。右上は繰綿を計量している。馬による輸送の様子。
唐弓については以下の解説がある・
打綿の弓・・・種子を取り除いた繰り綿を柔らかくする綿打は、竹製の弓に糸を張ったものを用いていたが、江戸初期に木製の弓にクジラの筋を張り横槌で叩く唐弓が中国から長崎にもたらされたという。

綿打ちの作業は糸を取りやすくするため、繊維の方向をそろえるためにするものと思っていた。下のテレビ放送の情報によれば中国では、布団を作るための作業とのこと。
日本でも布団づくりとして行われていた可能性が出てきた。


  大げさな言い方をすれば歴史的な発見

左の写真はBS NHK『2006年世界街歩きの中国紹興市の一場面』
ワタ打ちの作業だ。右は日本の江戸時代の同じ作業の様子。
 驚いたことに、日本では昔々に消えた仕事が中国に残っていた。
日本では機械化された作業が中国で見ることができるとは思ってもいなかった。
テレビでは男の人が「職人として修業した」と誇らしげに語った。
ワタの打ち直しは中国が発祥で日本に伝わった事が間違いない事が確認できた。
誠に残念なのは、この後どのようにしてふとんにするのかの映像は無かった。取材者が予備知識があれば取材しただろうに。
見たかった。



    チャレンジください
浮世絵(鈴木晴信・ワタ繰り)僧正遍照の和歌の謎

浮世絵 ワタ繰り
大きな画像で見ていただけるようにリンクを付けました。
 そこには所蔵しているアメリカの博物館の英文の謎解きものっています。
この道具を使ったことのない外国人にはさすがに謎を解ききれなかった。
ちょっと的が外れているのが御愛嬌です。
この浮世絵は収穫したワタから種を取り除く作業の様子です。
『ワタ繰り』と言います。絵の上方に文字が書かれています。
僧正遍照が出家する時に詠んだ和歌です。
   たらちねは かかれとてしも むばたまの
     我が黒髪を なでずやありけむ
   母はまさかこのような事になると思って
     幼い私の黒髪を撫でたのではなかっただろう。
和歌の内容はわかりましたか。絵との関係はいかがですか。
じつは絵と文字情報だけではこの謎ときはできません。
絵中の『ワタ繰り器』を使ってみて初めて謎が解けます。
この道具は店頭に用意しています。ぜひお越しの際お試しください。きっとわかります。

散歩の途中やお買い物のついでにお立ち寄りください





ワタの種類いろいろ
中ワタの説明用に写真を撮ったのですが、
誠に 残念ながらすべてが白にしか写りません。この感触だけはどうしても、どうしても触っていただくしか伝えようがありません。
色々なワタの見本を準備しましたので
ぜひ店頭で木綿ワタに触って体験下さい。その独特の感触に思わず声が上がります。

木綿ワタのふとんのお手入れのすすめ ー打ち直しについてー




古いふとん
ふとんの打ち直し
 毎日お使いのおふとんに、汚れが目立っていませんか。打ち直しをすると、さっぱりしたふとんになります。
最近原綿を加えた新しい方法を始めましたのでお試しください。
もし処分をお考えの場合、一度ご相談下さい。ワタが使える・使えないの判断は無料でいたします。
詳しくは打ち直しのページにどうぞ


羽毛布団のお手入れのすすめ。 ー羽毛ふとんも直せますー

偏りのみられる羽毛ふとん こんな症状がありませんか。
@側生生地が汚れた。特にえりもと。
A羽毛の偏りが見られる。
B細かい羽毛の吹き出しが見られる。
こんな場合羽毛ふとんのリフォームをお勧めします。
中の羽毛をとりだし洗浄してゴミを取り除き、新しい生地に入れ直します。
新品同様になりますので、処分を考える前にぜひお問い合わせください。

左の写真はキルトの中の羽毛が偏ってしまった状態、静かに広げてみると偏りがあると解ります。
詳しくはこちらのページにどうぞ



 2001年4月23日にUPしています。